喪中はがきのマナーについて

喪中はがきとは、その年に家族や親戚が亡くなった時に
1年間 は喪に服しているので年賀状で新年のご挨拶ができないということをお知らせする年賀欠礼の挨拶状です。
11月ごろから、遅くとも12月15日の年賀状受け付けまでに届くように出すのが常識です。
ただし、すでに準備をされている方もおられるので、できれば12月上旬には届くようにするべきです。
12月15日以降に身内に不幸があった場合などは出来るだけ早急に発送する必要がありますが
年が明けてから喪中はがきではなく、「寒中見舞い」として出せば失礼にあたりません。
年賀状では子供や家族の写真を使われたりしますが、
喪中はがきは形式に則った文字のみ、もしくは上品で清楚なイラスト(蓮や菊の花など)付きで作成します。
一般的にはどのような関係の方がいつ亡くなったのかを明記し、普段あまりお付き合いのない方にも
「死亡通知」の一種としてお知らせすることになります。
現在、年賀状はメールでという方も増えてきましたが、メールは略式の連絡であり
年賀欠礼というのは大事な挨拶でもありますので喪中はがきで出す方がいいでしょう。
また、葬儀などに参加いただき、喪中だということをご存じの方にも挨拶状ですので出すべきです。