一般的な喪中はがきの書き方

新年のご挨拶ができない非礼をあいてにお詫びする、というのが喪中はがきの基本的な考え方です。
一般的には相手が年賀状を書き始める前に先方の手元に届くようにするものですから、11月末から12月初旬には相手に届くように投函します。郵便局での年賀状の受付が始まる前には着くようにする、というのが最低基準になるのではないでしょうか。
どこまでの続柄の方が亡くなった場合に喪中とするか、また喪中はがきの書き方などは明確に決まっていません。唯一あるのが、「喪中はがきには、引越し・結婚等その他の挨拶を記入しない」ということです。
多くの場合は二親等(配偶者・父母・子・兄弟・祖父母)までを喪中としますが、続柄が遠くても日頃から家族同様に接していた親族であれば喪中とすることもあります。
文章の内容としては
「喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます」の文章に引き続き
「今年5月に祖母●●●●が永眠に足しました
本年中に皆さまより賜りましたご厚情を深謝申し上げます」
との内容になるものが一般的です。亡くなった人との続柄とその方の氏名をフルネームで記入することにより、受け取った人がどういう関係性の人が亡くなった為喪中なのかが分かります。

ですが最近は続柄等を一切記載しないものも増えています。
この場合、欠礼のお詫びと本年お世話になった御礼、また来年もよろしくお願い致しますといった内容だけになります。
亡くなった方との続柄が薄い場合や、相手に気遣いをさせないためにあえてこのような表現とする方が多いのですが、受け取った方によっては誰が亡くなったのか非常に気にする場合もあります。