ペット葬儀の移り変わりについて。

かつてはペットが亡くなったら自宅の庭に埋めたりするのが普通だったと思うのですが、昨今はマンション住まいされる方が増えてそういった土葬するのに適した土地の確保が難しいといった状況から、ペット葬儀方法も土葬から火葬が一般的になってきているみたいですね。
ちなみに人間の場合の火葬は、当然市が運営している専用の火葬場を利用したりする訳ですが、ペットの場合はサイズも小さいという事もあって軽トラックを改造したような専用の火葬車が自宅付近まで来て、そこでペットの遺体を燃やしてお骨にして飼い主さんに引渡しするというのが通例なんだそうです。
確かにコレなら焼却による嫌な臭いなどが出る心配もありませんし、費用に関しても割とリーズナブルな価格設定となっているので多くの飼い主さんがご利用なさっているというのも頷けます。
犬や猫といった代表的なペットの場合、当然寿命は飼い主さんと比べたら遥かに短い訳ですからペットブームの昨今、こういったペット葬儀のバラエティも今後ますます増えてくるかもしれませんね。